院内感染対策
”スタンダードプリコーションとは?”

歯科診療では唾液や血液に触れる機会が多く、確実な院内感染対策が求められます。
唾液を含めた湿性物質を感染性ととらえ、それらに触れる可能性のあるところは
すべてバリアフィルムでカバーし、患者さんごとに交換し消毒を行います。

タービンなどのハンドピースは超音波スケーラーも含め、
クラスB滅菌機を用いて個別に全て滅菌を行っております。

当院では高いレベルで消毒滅菌を行っております。
また細かな歯科材料においても、清潔操作を徹底しています。
感染に心配がある方など、安心して受診いただけます。



バリアフィルム対応について

標準としてすべての患者さんにこのような状態に整えて診療を行います。 バリアフィルムは個々に全て交換、フィルム除去後は感染性物質を不活性化させる 薬剤を用いて消毒を行っています。



滅菌機について:クラスB滅菌器














高圧蒸気滅菌機にはクラスN・S・Bがあります。 クラスBは滅菌レベルに大変厳しいヨーロッパ規格とも言われ、 よりレベルの高い、確実な滅菌を可能にしています。



ハンドピース、バー、チップの全滅菌対応










~5倍速コントラアングルハンドピース~
モーターで稼働するため、従来のタービンといわれるハンドピースより騒音が小さく、 回転数をコントロールできるため、より確実な治療を行えます。










~PMTC用コントラアングルハンドピース~ PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)専用のハンドピースです。








~超音波スケーラー~
先端のチップのみならず、ハンドピースも全滅菌を行っています。



洗浄・消毒薬液


器具の洗浄消毒、および機械のメンテナンスに用いる薬液は、 ヨーロッパ基準に基づいているヨーロッパの製品を使用しています。 感染性のウイルスなどはこの薬液で不活化され、感染性がなくなります。



超音波洗浄機















ドイツの超音波機器専業 BANDELIN社の製品です。
前述の薬液を用いて感染性ウイルスの不活化と同時に、
より確実な器具の洗浄を行うことができます。